きっと役立つ、小出しに記載。治療中の心得をテーマにした記事。

矯正歯科のいろはにほへと

治療中の心得

◆治療には健康な歯を抜くことも
矯正治療においてできる限り健康な歯は残していきたいもの。それは患者さんも歯科医も同じ気持ちです。非抜歯へのこだわりが強いと、ときとして本来の目的の歯並びがきれいな歯を作ることから反れることになりかねません。抜歯をしないで強引に歯の位置をずらしたりすると、治療後に戻ってしまったり、受け口になってしまったりと様々な弊害があります。抜歯をしないことが歯並びに問題を残すケースも多々あるのです。ベストな方法を、歯科医と相談し、納得した方法で治療をおこないましょう。
◆矯正装置を嫌がらないで
装置を付けると、「周りの目が気になる」と思う方も多くいると思います。しかし、逆にあなたが治療前の時、矯正装置を付けている人を見て何か思いましたか?それと同じです。目立つかな? と思っても、装置をつけていることは自分が思うほど周りからは気にされていないものです。むしろ気にしてくれるのは最初のときくらいです。でも、そもそも治療は自分の体のことを考えた非常に前向きな姿勢の現れなので、後ろめたい気持ちになるわけではなくむしろ、自慢する気持ちでいきましょう。!

管理人が調べたポイントを素人なりにがんばって紹介、著作権はフリーじゃないですよ。