きっと役立つ、小出しに記載。治療中注意すべきことをテーマにした記事。

矯正歯科のいろはにほへと

治療中注意すべきこと

【丁寧なデンタルケア】
よく言われることですが、矯正治療中の歯や歯肉への汚れのコントロールは特に成人の方には重要になってきます。歯につくよごれの殆どはいわゆるバクテリアのかたまりです。これにより歯槽膿漏が進行することがあります。器具をはめているとどうしてもはめていない時よりも歯垢がたまりやすくなります。そのためしっかり毎日丁寧なオーラルケアが必要となってくるのです。予防としては患者さんご自身で歯ブラシをしていただくことは勿論です。しかし、それには限界もあるので、どうしてもご自身でとれないよごれに関しては、来院時に毎回プロフェッショナルなクリーニング処置を行うこともあります。治療中は定期的に医院に行き、矯正経過を見てもらったり、ブラッシングしてもらったりしましょう。また、歯科医院ではブラッシングの指導も行ってくれるところが多いようです。指導をうけたらそれをしっかり家で実践するように心がけましょう。せっかく矯正治療を行ったのに、虫歯になって治療がストップする・計画的に行かなくなるようなことは避けたいですね。

皆さんがあまり気にしていな中自分の経験も踏まえながら基礎知識形式で紹介しています。