きっと役立つ、小出しに記載。基礎知識をテーマにした記事。

矯正歯科のいろはにほへと

基礎知識

◆治療にかかる期間はどれくらい
これは一概になんとも言えないです。歯列矯正にかかる治療期間は、ひとりひとりの患者さんの治療方針・希望、お口の状態により千差万別だからです。だいたい早い人から半年~数年が一般的のようです。年齢によってもかかる期間は違く、お子さまの時期で6ヶ月~2、3年、永久歯列で1~3年の範囲内だと思ってください。治療前に歯科医から必ず事前の説明がありますのでしっかりと説明を聞いてくださいね。「もっと早く終わるともっていたのに」みたいな形で治療途中で通院できなくなるようなことは避けましょう。
◆何歳まで治療可能なのか
間違いされていることかもしれませんが、歯列矯正の治療は何歳からでも始められます。(もちろん永久歯が残っている人が対象になりますが)。成人してからは、その目的や問題を正しく意識して行えるため非常に効果的な治療とも言えます。社会人によくある、矯正装置が仕事の都合などで不可能な方には、裏側から治療する方法もあります(費用は通常の治療に比べて高くつきますが)。虫歯の処置も適切な状態で、歯の根、歯を支える骨、歯肉が健全であれば、理論的に何歳でも可能なのです。

独自の調査に基づく豆知識を深夜になりながらも解説しています。